パパ活の初回顔合わせでお手当をもらうのは当たり前!?

パパ活

パパ活で初回の待ち合わせに、「お手当をもらっていいんだろうか」「どうやってお手当をもらえるの?」と疑問の方も多いかも知れません。

実は、ちょっとしたコツを押さえることで初回の顔合わせ時でもお手当がもらえるんです。

その交渉方法について、見ていきましょう。

結論:顔合わせ前に交渉する

実際にパパと顔合わせをしてしまうと、交渉しづらい雰囲気になってしまいます。

交渉事はなるべく、会う前にテキストベースで済ませておいたほうがいいでしょう。

そのほうが証拠としても残せますし、パパとしても約束したからには信頼を裏切ることはできなくなりますよね。

あなたが魅力的な女性だったら場合、パパはリピートするために必ず初回でもお手当をくれるでしょう。

一方で残念ながら魅力的でないとお茶を濁されたり、お手当の話がないまま解散というケースも見受けられます。

どちらにせよ、がめつい女性に思われないためにはアプリ内のメッセージベースで交渉することを心がけたほうが良いでしょう。

どんな交渉をすべきか

アプリ内のメッセージで交渉するのは分かりましたが、実際にどんなメッセージで交渉すればいいでしょうか。

「顔合わせから初回1万円でお願いできますか?」「初回で申し訳ないのですが、1万円でどうでしょうか」などと切り出すのがいいかと思います。

またこちらが手当を望んでいるのですから、逆に相手のパパにしてあげられることを考える必要も出てきます。

たとえば趣味など好きなものについて聞いておき、それに関する話題を調べたり場合によってはプレゼントを用意するといった行動が相手への見返りとなります。

誰だって一方的に要求されるより、ギブアンドテイクの関係で楽しませてくれる人のほうがリピートしたくなりますからね。しっかりお礼については考えておきましょう。

初回顔合わせの手当はいくらがいい?

結論からいうと高すぎても低すぎてもいけません。高すぎると「お金のことしか考えてない女」と思われてしまいますし、低すぎても「安い女」と思われるでしょう。

相場としては5,000円~10,000円程度なので初回のお茶顔合わせはその程度で設定しておくのが無難です。

ただし会う前から会話が盛り上がっていたり、相手がこちらのことをとてもタイプだと言ってくれている場合には2万円程度までなら提案してみても大丈夫でしょう。

リピートしてもらうためにはプロフィールは自然に

「メッセージでの交渉が苦手」という場合には、プロフィール文章の最後に初回でもお手当を頂きますのでご了承くださいといった文言を載せておくと効果的です。

またプロフィールを盛りすぎてしまうと男性も期待値が高くなるため、ハードルが高まりがち。

初回であげるお手当てで「あげすぎたな~」と思われてしまうこともあるかもしれません。

なので、なるべく素の自分をプロフィールでは出すことを心がけるようにすることでギャップが少なくなるでしょう。

sanmarusanといったアプリでは最初からオプションが設定されているので、お手当の交渉が苦手な女性はこういったアプリを利用してみるのもいいかもしれませんね。

キャストとゲストに別れており、キャストがゲストにご奉仕することでお小遣いが稼げるサイトとなっています。

デート系のオプションが多数用意されていますから、普通のショッピグデートや食事デートから添い寝やマッサージ、ヘルス系など少しアダルト寄りのオプションまで多数用意されているので自分ができる範囲で試すことができます。

コメント