年収1,000万や2,000万の太パパをゲットするには?

パパ活

「サイトやアプリを利用していてなかなか年収が高いパパとメッセージ交換ができない」
「1度会ったきりでリピートしてもらうことができない」

とお悩みの方も多いかと思います。

確かに年収1,000万や2,000万の太パパは競争率が高いですし、若さがウリの女子大生やモデル業に勤しんでいる女子などしかリピートしてもらえないのではないか?という声も聞こえてきそうです。

しかし、あるテクニックを使うことで普通の女性でも高年収の男性と定期的に会うことができるようになりますよ。

年収2,000万あってもパパ活に使えるお金は少ない

男性側の視点となりますが、意外と会社を経営していると税金などでお金を取られ、「可処分所得(自由に使えるお金)」は毎月20万円~30万円程度しか残らないというのが大半のパパの実情です。

税率が高くなるのが年収800万以上だと一般的に言われてますから、実は高年収=太パパになりやすいとは一概に言えないんですよね。

そこまで年収が高くなくても、可処分所得さえ多くあればお手当をたくさんくれる可能性のあるパパだということです。もちろん個人の資質にもよりますが、あなたがパパのお気に入りになれれば毎月20万円~30万円を1人のパパからもらうことも難しくないでしょう。

話をまとめるとここで言いたいのは、年収が多少低くても自由に使えるお金がたくさんあるパパが太パパになる可能性があるということですね。

収入がしっかり証明されたアプリを利用する

それでは、「年収がしっかり証明されている」アプリであるシュガーダディはなにがいいのか?

可処分所得こそ分かりませんが、その人がどれだけ年収があるのかを証明する書類が提出された会員が分かるようになっています。

通常のプレミアム会員から、年収証明書を提出することでダイヤモンド会員になることができるんですね。

もちろんダイヤモンド会員ともなると競争率が高いですし、人数も多くありません。せいぜい数百人程度のアクティブ会員しかいないことでしょう。

しかしもしメッセージのやり取りをして定期的に会えるようになれれば、太パパになることは間違い無しの会員だと言えます。

複数のパパを太パパに育て上げる

年収が高い=太パパだと言えないと前述しましたが、あなた自身で年収700万や800万のパパを太パパに育て上げることもできますよ。

要は信頼関係ですから、相手にとってあなたが一番になればそれだけお手当も弾んでくれるはず。

しかも年収1,000万円以下のパパは比較的見つかりやすいですから、会うまでのハードルは決して高くないはず。

複数のパパを育て上げることで、トータルでお手当をもらったほうが長期的には安定して50万円や100万円を稼ぐことにつながります。

もし「今使っているパパ活サイトだけじゃ難しい」という場合にはsanmarusanというアプリも試してみましょう。

パパ活専用サイトではありませんが、デートからマッサージ、電話、ヘルス系のサービスでお小遣いを稼げるデート系マッチングサイトです。

デート系に特化しているため、もちろんパパ活にも使えますよ。

パパ活専用サイトでもないので、ライバルも現状そこまで多くありません。当然男性には審査がありますから、良識のある太パパが見つかりやすい環境であると言えるでしょう。

稼ぎ続けるには分散する

このように、太パパを1人見つけるのは大変ですが、分散して少しずつ稼ぐことで安定した収入が手に入るようになります。

1人だけに絞ると失った時に悲惨なことになりますが、分散することで安定的に稼ぎ続けられるので、ぜひ複数のパパを見つけてみてください。

コメント